忍者ブログ

福井英史さんが若林区の野菜を使ったカレーを作ってくださいました!

東日本大震災の復旧当時からお世話になっておりますカレーシェフの福井英史さんが、若林区の野菜を使ったカレーを作ってくださいました!

↓↓↓↓↓
https://fukuicurry.exblog.jp/27911533/

ボランティアハウスにも送っていただきました!野菜のうまみが際立つ、とてもおいしいカレーになってます!

他にも、フクイのカレーでは辛口カレー、シフォンケーキなどの注文も承っております!
皆さん、是非この機会に頼まれてみてはいかがですか???
PR

新巻鮭とフクイの野菜カレーをいただきました!

先日、東日本大震災当時の復旧支援からお世話になっているカレーシェフの福井英史さんから野菜カレーと辛口カレーを、北海道の方からは新巻鮭をいただきました!

福井さんはガレキ撤去の復旧活動にご支援していただいて以来、毎年このカレーをお送りいただいております。若林区の新鮮なお野菜を存分に活かされた特別なカレーです!
新巻鮭も、毎年年の瀬になると送っていただき、メンバーの楽しみでもあります!鍋にして、お気持ちを心ゆくまで味わいたいと思います!
震災から9年以上経ちましたが、私たちReRootsが今もこうして活動できているのは、復旧当時から支援していただいている皆さんのおかげです。
是非メンバーでおいしく召し上がらせていただきます!
宅配でのみ販売しておりますので、みなさんもぜひお召し上がりください。
↓福井さんのブログのURLです。ご注文はこちらからご確認ください。
http://fukuicurry.exblog.jp/

クラウドファンディング第一目標達成のお礼

お知らせが遅くなりました。
ReRootsのグループ会社として来年春に新たに立ち上げる、農業法人の初期設備資金として挑戦していたクラウドファンディングですが、ついに先週9日㈪の夜に、目標金額110万円を達成いたしました!

↓(以下、クラウドファンディングページのリンク)
「仙台市若林区、農業復興へ。新たな農業法人を立ち上げます。」READYFORサイト


たくさんの方々の温かい応援とご支援のおかげです。
本当にありがとうございます…!

震災後の復旧作業に参加されていた方や、今でもReRootsの企画に訪れてくださっている方、地域おこしへの思いに共感してくださった方など、多くの方々が後押ししてくださっていることを大変嬉しく感じます。

クラウドファンディング公開期間はのこり6日となりましたが、ネクストゴールを設定し、最後まで走り切りたいと思います。
どうぞ、引き続き応援よろしくお願いいたします!

<ネクストゴール>
期間:12月20日23時まで(あと6日)
目標金額:160万円
使用用途:動力噴霧器と付属機器


 

 

11月16日 令和元年度宮城県青少年赤十字仙塩高等学校地区大会報告

こんにちは!
風が強い若林区沿岸部にはもうコート、マフラー、手袋が必需品です。うー寒い。
でも地元野菜を使って作るシチューは最高ですね!
どうも6期生のしゃたです。本日は11月16日に行われた令和元年度宮城県青少年赤十字仙塩高等学校地区大会の報告をします。

この企画は市内6つの高校からボランティアに興味のある高校生50名ほどが集まり、普段訪れることの少ない若林区沿岸部地域に伝わる昔ながらのわら文化と農村の魅力を体験しようというものです。


前半はReRoots代表の広瀬からボランティアの意義や被災当時の若林区沿岸部の様子、そして今後の地域づくりの展望について講話を行いました。ボランティアを始めるきっかけは個人個人の興味関心であるが、ボランティアを続けていくためには対象の悩みに寄り添い課題解決に向けて努力しなければならないというReRootsの活動コンセプトにつながる大事なお話でした。ちょっと難しかったかもしれませんね。ですが今回の講話を胸にこの中から将来ボランティアに携わる人が少しでも増えてくれると嬉しいです。



後半には講師の皆川貞子さんと笠松まき江さんをお呼びして輪通しづくりを行いました。


日常では味わえない「なわをなう」という作業は慣れるまで悪戦苦闘していたようです。しかしながらさすが高校生、飲み込みが早い。次第に感覚を掴み上手に輪通しを作っていました。私より上手だなぁ。


 
最後にはみんなで記念撮影。みなさんありがとうございました!
これからも私達ReRootsは農村文化継承に向けて取り組んでまいります。

10月25日の大雨の影響について

台風19号通過後からまだ日が浅い中、活動拠点である仙台市若林区も再び大雨に見舞われました。

大雨による被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。お疲れの中復旧に努められていることと存じますが、どうかご自愛ください。

 

写真は大雨翌日のReRootsファームの様子です。

 

畑には水が溜まり、表面が波打ってまるで池のようになっています。

ビニールハウスの中も水浸しになってしまいました。

ぬかるみが激しく水がひくまで、畑作業に入ることは難しい状態です。

 

その中でもチンゲン菜やカブなどの野菜は力強く育つ姿がありました。

 

畑は浸水してしまいましたが、メンバーにはけがもなく、大雨後も活動を継続することができております。

 

野菜たちのように力強く、復興・地域支援活動を行ってまいります。

今後とも温かいご支援をよろしくお願いいたします!

10月13日 台風19号後のReRoots

台風19号は宮城県仙台市にも大雨と強風を伴って通過しました。
被害にあわれた方のお気持ちは、察するに余りあるものがあります。
震災当時、茫然として無力感にさいなまれたことを思い出します。

今朝、心配になって仙台市若林区沿岸部のReRootsが活動しているエリアの田んぼや畑の様子を見に行きました。
大きな被害というほどではありませんが、若干の被害がありました。
 正面に見えるのは東部道路。
ここは東部道路西側の田んぼです。
日の出したばかりなので、注意深く様子を見ています。
田んぼを超えてわらが道路の上にのっています。冠水した後のようです。
左の水は田んぼで、ほぼ同じ高さの水面で道路なので、車線の左側はわらで埋まっています。右側はかろうじて車が通れます。

 東部道路と仙台一高の野球場間の道路 東部道路の東側
右側の水路があふれて道路が冠水しています。

 わらアート用のわらを回収終わった田んぼで、残ったわらが全部端っこに寄っていました。水に浮いて強風で寄せられたのだと思います。相当な風です。
 ReRootsファームは水没
ニンジンを植えて芽が出たばかりだったのに、残念です。
水が引くまではどうしようもない。

 子ヤギたちは元気でした。
昨夜はヤギ小屋の中に入れておいたので、朝、小屋から出すとものすごく喜んでいました。
さっそくさつまいものつるに飛びつきます。

他の農家の様子を見ても、田んぼはだいぶわらがあふれていますが、ビニールハウスは壊れていませんでした。畑は場所によって水没しているところもあり、秋冬野菜の種を植え画ばかりだと思うので、それはあきらめるしかなさそうです。

また、ここから始めます。

新生ReRootsブログ開設しました!

みなさま、おはようございます!こんにちは!こんばんは!
震災復興・地域支援ボランティア ReRootsです!
私たちは東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県仙台市若林区沿岸部を拠点に活動している学生団体であり、仙台市内 7大学のメンバーで構成されています。
これまで応援してくださったみなさま、ブログを見ていただいたみなさま、お久しぶりでございます!
この度ブログをお引越しいたしました。今後はこの「ReRootsブログ2」にて活動の様子を発信してまいります!よろしくお願いいたします!
これまでの「ReRootsブログ」は2011年のReRoots発足当時から2019年3月までの活動を記録した過去ログとなっておりますので、ぜひ一度ご覧ください!

ReRoots過去ログ:http://reroots.blog.shinobi.jp/

これからもReRootsは若林区沿岸部の震災復興・地域支援を目指して活動してまいります。
今後とも応援よろしくお願いいたします!

忍者ブログ[PR]